ポジティブに生きる

ポジティブに生きる

デスクワーク営業に限らず、仕事には一定のルーティーンが存在します。
仕事が専門化されることで全体としての効率を上昇させることが出来るため、
ほとんどの会社が部門分けを行っているのです。

 

毎日似たような仕事や動作を繰り返していると、
使われる筋肉が限られ、そのほかの部位は少しずつ衰えてしまいます。

 

肩こりや腰痛は、仕事をルーティーン化した弊害といっても良いでしょう。

 

ヨガのポーズは普段使わないような筋肉が刺激されます。
そのため、ヨガを繰り返すことで肉体は正常な状態へと戻っていくのです。

 

老化防止にも効果があるため、
ヨガをリハビリの1つとして取り入れている介護施設も存在します。

 

ストレスが肉体に悪影響を及ぼすように、
正常化した肉体がメンタルを好転させることもあります。

 

例えば、ヨガによって血行が促進されると睡眠の質が向上します。
質の高い睡眠は目覚めをスッキリさせ、その日のやる気に繋がるのです。

 

また、ヨガの最中に自分を見つめ直していると、
自然とポジティブな思考へと変化していきます。
これは、何か活動しているときの「無理やりなポジティブ思考」とは全く別のものです。
心を空っぽにして、集中した人にしか味わえない境地ともいえます。

 

心と身体の両面をデトックス出来るのは、ヨガの大きな魅力です。
自然なポジティブ思考を体験したいなら、
なるべく雑音の少ないヨガスタジオで瞑想しましょう。
 
防音効果が施されているかをパンフレットなどでチェックしてからレッスンを受けてください。