ヨガがストレスに効く理由とヨガスタジオの利点

ストレスに負けない身体に

生活が便利になった現代。
その一方でストレスを感じる要因が増えていることにお気づきでしょうか?

 

ストレスの要因は肉体的なものと精神的なものの2つに分類されます。

 

病気やケガなどで身体が自由に動かないときに感じるストレスが、
肉体的要因の筆頭です。
ホコリや排気ガスなど、環境の悪化によって生まれるストレスもこちらに分類されます。

 

精神的なストレス要因として挙げられるのは、
運動不足や姿勢の悪化による不快感、不規則な生活による睡眠不足などです。

 

こうしたストレス要因は、ライフスタイルが多様化した現代社会に多く潜んでいるのです。

 

ストレスが溜まり過ぎると、
私たちの身体には食欲不振や体重の減少、肩こりなどの症状が現れます。
さらに段階が進むと、眼精疲労や冠動脈疾患などの病気を引き起こすこともあるのです。

 

肌や髪にから張りが失われるため美容という観点から見ても、
ストレスを減らすことは現代社会を生き抜く必須の課題といえます。

 

ストレスの原因が肉体と精神の両面にあるのであれば、
その対策も2つの側面から対処出来るものでなくてはいけません。
そうした課題を見事にクリアしているのが、ヨガになります。

 

アスリートたちの中には、ヨガをトレーニングの一環として取り入れる人もいます。
ヨガによる姿勢矯正やインナーマッスルを鍛える効果は、
スポーツ選手にも認められているのです。

 

最近では、アメリカの大学で
ヨガのストレス軽減効果に対する科学的証明が行われたのです。

 

そうしたヨガを手軽に始める場所として人気なのが、ヨガスタジオになります。
東京都内にはそういうヨガスタジオが多くあります、私は原宿でヨガを始めました。
パワーヨガやホットヨガのように様々な種類が現れている中で、
今回はヨガがストレスに聞く理由と、ストレス別ヨガスタジオの選び方についてご紹介します。

内側から自分を見つめ直す

毎日忙しく過ごしていると、いつの間にか疲れが溜まっているという経験はありませんか?

 

仕事や人間関係が複雑化した現代では、
時間がいくらあっても問題解決には足りないという方も多いようです。

 

目線が常に外へと向いているため、自分が今どんな状態なのかをチェックする暇が無い。
その結果、気づいたときには心も身体もストレスによって苦しめられているのです。

 

ストレスをためない生活を送りたいなら、
たまには目線を自分の内側に向けてあげましょう。

 

その際の手段として、ヨガのポーズを取りながら瞑想することをオススメします。

 

何も考えずにボーっとする。
そんな時間が人生の中にどれだけあるでしょうか?

 

何かをやらなくてはいけないという切羽詰まった思いから自分を解放するには、
瞑想が最も効果的なのです。

 

瞑想中はただ単にボーっとしているわけではありません。
自分の内側に語り掛けることに集中している時間なのです。

 

集中とは、周りの目が気にならないほど没頭するという行為です。
普段はそれを外部に向けて行っていますよね。

 

瞑想では、集中力を意識的に自分の内側へ向けるのです。
その集中をさらに高めてくれるのが、ヨガの呼吸法になります。

 

外からの空気を全身に行き渡らせるほどの深い呼吸は、
心身をリラックスさせる効果も持っています。

 

今現在の自分の状況を見つめ直し、
これからまた頑張ろうという気分にしてくれるのです。

 

正しい呼吸法とポーズを繰り返すことで血行が促進されると、
冷え性などの改善にも繋がります。

 

そうした瞑想方法を身に着けるには、
ヨガスタジオでインストラクターから指導を受けましょう。

 

 

更新履歴